スポンサーリンク

毒親の口癖と毒親の口癖に隠された4つの本音

おかたづけ便|佐藤みなと 毒親のトリセツ

「毒親はどんなことを言うんだろう?」と思ったことはありませんか?

この記事で紹介する「毒親の口癖」を知ると、毒親の口癖とその口癖に隠された毒親の本音がわかります。

なぜなら、私も冷静に毒親と接するようになって口癖に隠された毒親の本音がわかり、毒親の言動に振り回されなくなったからです。

この記事では、毒親の口癖と毒親の口癖が子供(毒親育ち)に与える影響を紹介して、毒親の「毒」から解放されるための対処方法もご紹介します。

この記事を読み終えると、あなた自身の言動を客観的に理解しやすくなるし、毒親の「毒」から抜け出すキッカケにもなります。


スポンサーリンク

毒親・毒親育ちとは?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親とは、子供の人生を支配したり子供を傷つけたりして、子供にとって「毒(有害)」になる親のことをいいます。

毒親という言い方は、2001年に発刊されたスーザン・フォワードさんの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」(講談社+α文庫、玉置悟訳)が話題になり、知られるようになりました。

毒親育ちは毒親という言葉の派生語で、毒親に育てられた子供のことをいいます。

なお、毒親、毒親育ちについて詳しい内容は下記の記事をご覧ください。




スポンサーリンク

毒親の口癖と口癖に隠された4つの本音

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親あるあるの口癖は下記の4パターンあります。


・批判型の口癖
・命令・強要型の口癖
・悲劇のヒロイン型の口癖
・責任転嫁型の口癖


毒親によって言い回しに違いはありますが、毒親の口癖は子供(毒親育ち)に毒親の価値観を植え付けてコントロールするためです。毒親の自己満足です。それ以外の理由はありません。

これだけだとわかりにくいので、口癖に隠された4つの本音とともにそれぞれ詳しくご説明します。


批判型の口癖

毒親は、自分の考えや思いを相手にわかりやすく伝えられません。いわゆる「コミュ障」の傾向が強いです。

なぜなら、毒親もその親(子供から見て祖父母)も毒親だからです。

批判型の口癖には、以下のようなものがあります。


・みっともない、だらしがない
・お前の頭はおかしい
・お前は親不孝者だ
・私の言う通りにやらないからいけないんだ
・誰に似て、こんなにダメな子になったのか


毒親がこのような口癖を言うのは、毒親自身が子供とどのように接すればいいのかわからないからです。

毒親も親やきょうだいとコミュニケーションが取れない環境で育っています。そもそも子供は、幼いうちは親を手本にして育ちます。成長にともなっていろいろな人に出会って言動を変えることもありますが、それができるのは意識の違いによります。いったん「このままでも大丈夫」とわかると、自分の親と同じように振る舞うのが当たり前になります。

このような口癖のある毒親の本性は、頑固で、周囲の人のアドバイスを受け入れられません。自分だけの世界に浸って、それに合わないことは文句を言うだけです。


命令・強要型の口癖

毒親は、「自分の言うことは尊重されるべきだ」と思っています。いわゆる「かまってちゃん」の傾向が強いです。

なぜなら、毒親は幼い頃からワガママな振る舞いをしてきたか、ワガママな振る舞いを我慢し続けてきたかで、協調性のタガが外れているからです。

命令・強要型の口癖には、以下のようなものがあります。


・私が間違っているわけがない
・私の言う通りにしなさい
・お前は私がいないと何もできないんだ
・お前は●●だ(一方的に断言する)
・世間的に、一般的に、~すべき、~しなければならない


毒親がこのような口癖を言うのは、子供(毒親育ち)に自立・独立されるのが困るからです。

毒親は自己愛や自己顕示欲が強い一方で、自己肯定感が低いです。自己肯定感を維持するためなら、手段を選びません。手段のひとつとして子供をターゲットにするのは、自分よりも無知で洗脳しやすいし、依存させやすいからです。「子供なら離れない」と思い込んでいる場合もあります。

また、毒親は思い込みが激しいので、子供に「毒親が考える子供のあるべき姿」を押し付けます。毒親の価値観に当てはまることしか認めません。

このような口癖のある毒親の本性は、小心者のわりに見栄っ張りです。自分のボロが出ないように、ボロが出たとしてもスルーしてもらえるように、自分より格下の存在だと思い込んでいる相手に横柄な態度をします。毒親は、「ドラえもん」のジャイアンとスネ夫の関係の、ジャイアンになりたいのです。


悲劇のヒロイン型の口癖

毒親は、自分が「悲劇のヒロイン(ヒーロー)」だと思っています。

なぜなら、毒親は自己愛や自己顕示欲が強いからです。

悲劇のヒロイン型の口癖には、以下のようなものがあります。


・お前がいなきゃ離婚したのに
・お前なんか産まなきゃ良かったのに
・お前よりも私のほうが大変だった
・お前には感謝の気持ちが足りない
・お前は、全部私が悪いことにしたいんでしょ


毒親がこのような口癖を言うのは、「かわいそうな私」を演じることで自身の言動を正当化したいからです。

毒親は文句や不平不満を言うわりに何もしません。自分から行動を起こして状況を変えるという発想自体を持っていません。考えていることといえば、いかにラクをして自分を守るかくらいです。

そのため、もっとも手っ取り早い方法が悲劇のヒロイン(ヒーロー)型の口癖を言うことなのです。

このような口癖のある毒親は、被害者ヅラをした加害者です。毒親が主張する出来事の90%以上の原因は毒親の言動にあります。客観的に見ると、シンプルに毒親の自業自得にすぎないのですが、毒親は自分に原因があるとはみじんも思っていません。


責任転嫁型の口癖

毒親は、たとえ自分に非があっても認められないし、謝ることもできません。

なぜなら、プライドが高すぎるからです。

責任転嫁型の口癖には、以下のようなものがあります。


・お姉ちゃんなんだから、女の子なんだから、大人なんだから
・お前を育てるのに、いくらかかったと思っているんだ
・育ててやったのに恩はないのか
・金食い虫め、金のムダだ、(お前にかけた)お金がもったいない
・お前のせいで~


毒親がこのような口癖を言うのは、「勝ち負け」とか「白黒はっきりさせること」にこだわっているからです。

育った環境によって程度の違いはありますが、毒親の家庭環境は弱肉強食の世界です。たとえ自分に非があったとわかっていても、毒親はそれをくつがえすくらいの主張をしないと、その親(子供から見て祖父母)に攻撃されて傷つくだけ。

自己防衛のひとつとして、責任転嫁を身につけていますが、毒親自身は責任転嫁をしているとは思っていません。


毒親の口癖が子供に与える影響

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親でも毒親「じゃない親」だとしても、親は子供にとってのお手本です。

なぜなら、子供は、親の言葉遣い、行動、思考をマネしながら成長するからです。上記でご紹介したとおり、毒親は子供に「毒(有害)」なので、悪影響しか与えません。

特に、毒親の口癖が子供に大きな影響を与えるのは人間関係です。毒親育ちの性格によって違いはありますが、下記4つがあります。


・相手とのちょうどいい距離感がわからない
・相手の顔色をうかがいすぎる
・相手に自分の価値観を押し付ける
・相手の気持ちを理解しない・知ろうとしない


相手とのちょうどいい距離感がわからない

毒親とその子供のコミュニケーションは主従関係だからです。立場的に、主は毒親、従は子供です。

主従関係は、主の立場と従の立場がハッキリしていないと成り立ちません。どちらかがやめようとしない限り関係が続くので、相互依存の傾向が強くなります。

そのため、同性・異性に関係なく、毒親育ちは相手に対して依存しがちになります。

たとえば、


・相手の行動やスケジュールを把握したがる
・相手と連絡を取っていないと落ち着かない、不安になる
・相手といつも一緒にいたがる


というようなことがあります。相手とべったりしたがるので、お互いにとってちょうどいい距離感を見つけるまでに時間がかかるし、相手と関係を築く前に相手が離れている場合もあります。


相手の顔色をうかがいすぎる

毒親の顔色をうかがいながら接してきたからです。

そのため、毒親育ちは相手のリアクションを見て、自分の言動に「正解・不正解」をつけたがります。

たとえば、


・相手のペースにあわせすぎる
・自分の考えや意見を言わない(「いい子」「優等生タイプ」になりがち)
・自分に非がないことでも謝りグセがついている
・相手が好感を持っていたりほめたりしても、自分を卑下した発言をする


というようなことがあります。相手が気にしていないことも気にしすぎてしまうので、人間関係を築く前に気疲れしやすくなります。毒親育ちの特徴で紹介したとおり、自信を持てずにいる場合が多いです。


相手に自分の価値観を押し付ける

毒親と主従関係になった結果、相手をおもんばかるという考え方がないからです。

そのため、毒親育ちは「自分さえよければいい」という思いが先走り、相手の気持ちや価値観を無視しがちになります。

たとえば、


・話し合いの場で、自分の意見を強引に押し通そうとする
・予定を調整するときに、自分の都合だけを伝える(相手に合わせさせる)
・相手の価値観や意見を無視したり否定したりする


というようなことがあります。毒親の影響で勝ち負けにこだわりやすく、プライドも高いので、人間関係の輪に入ってなじむまでに苦労します。差しさわりのない関係にとどめる場合もあります。


相手の気持ちを理解しない・知ろうとしない

「自分が正しい」と信じているので、相手にどう思われても関係ないからです。

そのため、毒親育ちは相手に気遣うという考えがなく、状況によって言い方を変えません。

言い方は性格や考え方によって個人差がありますが、


・相手にあわせてオブラートに包んだ言い方ができない
・相手を見下したり差別的な言い方をする
・相手がどんな反応をしても、自分には関係ないと思っている


というようなことがあります。基本的に「自分さえ良ければいい」という考えを持っているので、人間関係の輪からはみ出しやすくなります。想像力が欠けているので、「苦労するくらいなら、(人間関係は)いらない」と投げ出す場合もあります。


まとめ:あなたの口癖を変えていこう!

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「毒親の口癖」とあなたが毒親から言われたことを比べると、あなたの毒親の口癖がわかるし、今後の対策も考えやすくなります。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。


毒親の口癖と口癖に隠された5つの本音
・批判型の口癖
  →毒親自身が子供とどのように接すればいいのかわからないから


・命令・強要型の口癖
  →子供(毒親育ち)に自立・独立されるのが困るから


・悲劇のヒロイン型の口癖
  →「かわいそうな私」を演じることで自身の言動を正当化したいから


・責任転嫁型の口癖
  →「勝ち負け」とか「白黒はっきりさせること」にこだわっているから


毒親に言われたことを振り返るのは辛かったり、その過程で苦しい思いもします。けれど、あなたは毒親と同じではありません。毒親を反面教師にしましょう。

今のあなたの口癖は毒親と似ている可能性が高いです。見直していきましょう。これまでのことや直近の出来事を振り返りながら記事を読んでください。

上記内容を実践した後は、「毒親育ちがやめた口癖と増やす口癖」を知っておきましょう。具体的に学びたい方は、こちらの記事も読んでくださいね。

毒親の言動であなたが辛い思いをしたり傷ついたりしたぶん、あなたができることは毒親の「毒」を大切な人たちに振りまかないことです。そのためにも、あなたの口癖を変えましょう。

あなたの人生はあなたのものです。毒親育ちだと気づけたからこそできることがあります。あなたのペースで、少しずつ始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました