スポンサーリンク

毒親とは?毒親の10つの特徴・チェックリストをまとめてみた

おかたづけ便|佐藤みなと 毒親のトリセツ

「自分の親は毒親かもしれない」と思ったことはありませんか?

この記事で紹介する「毒親の特徴」を読むと、自分の親が毒親なのか毒親でないのか判断できるようになります。

なぜなら、私も自分の親がこの特徴に当てはまって、毒親だと認識できたからです。

この記事では、毒親の特徴を10つ紹介して、自分の親もしくは自分自身が毒親かどうか判断する方法をご紹介します。

この記事を読み終えると、毒親の言動に客観的に理解しやすくなるし、毒親対策も考えやすくなります。


スポンサーリンク

毒親とは?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親とは、子供の人生を支配したり子供を傷つけたりして、子供にとって「毒(有害)」になる親のことをいいます。

毒親という言い方は、2001年に発刊されたスーザン・フォワードさんの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」(講談社+α文庫、玉置悟訳)が話題になり、知られるようになりました。

毒親の定義は人によって異なるので、こちらの記事では親の言動で下記のような感情になった場合に「毒親」とします。


・親と連絡を取るたびに不快な気持ちになる
・親と話すたびに劣等感を持ち、自己嫌悪におちいる
・親に過剰に期待され続けて息苦しさを感じていた
・親の期待に応えないとと義務感や責任感を持ってきた
・親の言動により、無気力、不安、恐怖を感じてきた


スポンサーリンク

毒親の毒は4つのタイプある

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親のタイプは大きくわけて下記の4パターンです。毒親が子供にどんな毒を与えていても、かならずこのどれか、もしくは複数のタイプに当てはまります。


・過干渉・統制タイプ
・無視・無関心タイプ
・暴力肯定タイプ
・病気持ちタイプ


これだけだとわかりにくいので、それぞれ詳しく紹介します。


過干渉・統制タイプ

このタイプの毒親は、子供に起こるであろうすべての問題に先回りして対応します。

毒親が先回りをするのは、子供には「危ない橋を渡ってほしくない」「失敗してほしくない」という心配性な気持ちがあるからです。危険な経験も失敗も、毒親にとっては「人生の汚点(=黒歴史)」という認識です。悪気はありません。

一方で、毒親には「(子供を)自分の思い通りにしたい」という思惑もあります。年齢を重ねているぶん、毒親は子供よりも経験も知識もあります。子供の言動によって、そのあとに起こる出来事を予見できるので、「こうすべき」と指示できます。

子供にとって、親は人生の手本であり、正しいことをやっている存在です。特に、幼いころは親が絶対的な存在だし、疑いはしません。子供が親に素直にしたがっているのをいいことに、毒親は子供の行動を制限していきます。


無視・無関心タイプ

このタイプの毒親は自己中心的な考えの持ち主です。「自分さえ良ければそれでいい」と考えます。

なぜなら、仕事や趣味、人づきあいなど、子供のこと以上に熱中できることがあると、子供のことはそっちのけで毒親は熱中できることに力を入れるからです。育児ストレスで、子供と関わるのを拒絶している場合もあるかもしれません。

自己中心的な考え方が抜けきらないのは、下記のどれかに当てはまります。


・毒親が大人になりきれていない
・今の人生に不満を持っている
・独身時代に未練がある
・過去の出来事に後悔している(結婚や出産も含む)


いずれにしても、現実を受け止められなくて、現実逃避をしているにすぎません。ネグレクト(育児放棄)や虐待をしている可能性もゼロではありません。


暴力肯定タイプ

このタイプの毒親は、問題が起きたときに力関係や主従関係で解決しようとします。

暴力とひとことで言っても、殴る・蹴るだけではありません。暴言のように精神的に子供を追い詰めるものもあります。

毒親が暴力を肯定する家庭で育ってきたり、暴力をふるいたくなくても身を守るためにそうせざるを得なかったのかもしれません。暴力への依存もあります。

いずれにしても、家庭内でコミュニケーションが取れなくて、話して物事を解決するという発想を持っていません。


佐藤みなと
佐藤みなと

暴力って後味が悪いですが、会話のキャッチボールができないと、それ以外の方法でコミュニケーションを取るしかないですよね。


病気持ちタイプ

このタイプの毒親は思い込みが激しく、事実を歪めて自分の都合のいい解釈をします。

日本精神神経学会の報告によれば、40人に1人が精神疾患のために医療機関に通院しているとのこと。ストレスや不安を抱えやすいからこそ、誰でも精神疾患になる可能性があります。精神疾患が悪というわけではありません。

このタイプが毒親になるのは、精神疾患を理由に子供に言いがかりをつけたり、都合のいい解釈をして責め立てたりするからです。精神疾患は毒親が向き合うことであって、そのイライラや不快感を子供にぶつける必要はありませんよね。


毒親の10つの特徴とチェックリスト

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親10つの特徴は下記のとおりです。これらのうち5つ以上当てはまると、あなたの親もしくはあなた自身が毒親だと言えます。


①子供を管理する
②子供を支配する
③子供に価値観を押しつける
④子供を過保護にする
⑤子供に過干渉になる
⑥子供に暴言を吐く
⑦子供に暴力をふるう
⑧子供に罪悪感を植えつける
⑨子供の進路や就職に口を出す
⑩子供の人間関係に口を出す


これだけだとわかりにくいので、それぞれ詳しくご説明します。


子供を管理する

毒親自身ができなかったことを子供に託したい思いが強すぎるからです。

毒親は、子供を毒親の理想に近づけるためには手段を選ばないので、下記のような言動をします。


・子供の行動を制限する
・子供の服装や趣味などに口を出す
・子供が自分でするはずのことを毒親が対応する


なお、子供も毒親の思惑がわかっているので、毒親の前では自己防衛のために「いい子」を演じます。ただ、毒親には本心を隠しているので、毒親の前とその他の人の前ではあからさまに対応を変えることもあります。


子供を支配する

毒親にとって、子供はいつになっても「何もできない存在」だからです。

そのため、子供には知識も体力も精神力も毒親より劣っているとか、毒親なしでは生きられないと思い込ませて、毒親に依存させようとします。毒親の独断で、子供ならではの経験や体験を遮断します。


・子供の言動を頭ごなしに批判し、抑え込もうとする
・子供に挑戦させたり経験させたりしない
・禁止事項を作り、反した場合はペナルティを課す


子供に価値観を押しつける

毒親にとって、「子供の評価=毒親の評価」だからです。子供の評価が低いと毒親のプライドが傷つけられ、劣等感にさいなまれます。

毒親は世間体を異常に気にします。世間になじむために「こうあるべき」「こうするべき」という強い価値観を持っているので、子供がそこから外れると毒親自身が身動き取れなくなります。

そのため、毒親は子供を常に観察し、問題点を見つけると叱るなどして過剰なまでに子供の言動を矯正させようとします。

この傾向のある毒親の言動は、以下のようなものがあります。


・きょうだい間で優劣をつけ、劣っている子供を罵倒する
・子供の話を聞かない(聞けない)
・子供の気持ちを無視したり、価値観を批判する
・子供をひとりの人間として認めない(毒親の所有物として扱う)


子供を過保護にする

子供を利用して、毒親が自分の自己肯定感を高めたいからです。

毒親も自分の親が毒親の場合が多いので、誰かに「頼られる」「必要とされている」と実感できる経験が少ないです。その影響で自己肯定感が低く、自分の言動に自信が持てません。

そのような状況で、子供は親を必要としてくれるので、毒親にとっては子供である以上に自己肯定感を高めてくれるかけがえのない存在です。手放そうとは思えません。しかし、子供は成長とともに親離れするので、子供をつなぎ止めるために依存させようとします。

その結果、下記のような言動が目立つようになります。


・子供の言動を管理したり支配したりする
・子供の親離れを、あらゆる手段を尽くして阻止する
・毒親自身が解決すべき問題を、子供になすりつける


子供に過干渉になる

毒親も毒親育ちだからです。

毒親のいる家庭は、毒親が子供に依存するか、子供が突き放されるかの極端な人間関係で、親(家族)に愛されたとか大切にされたという記憶を持っていません。その影響で他人と人間関係を築くのは苦手で、「ほどよい距離感」がわかりません。

人間関係が貧しいほど、築き上げた人間関係に執着して、何が何でも関係をつなぎ止めようとします。毒親は子供のあなたが生きがいになっています。「何をしても許される」と思い込んでいるので、下記のような対応を平然と行います。


・子供に過度な要求をする
・子供の持ち物やスケジュールを細かく監視する
・子供の自由時間を奪う
・子供にしつこく質問をする


子供に暴言を吐く

毒親の最終目標が「子供が毒親に依存すること」だからです。

毒親は、自分が絶対的に優位な立場にあると子供に思い込ませようとします。暴言によって子供が自信をなくしたり情緒不安定にさせて、毒親に依存させようとします。

毒親がそこまでするのは、「自分さえ良ければいい」という自己中心的な発想です。子供が毒親に恐怖心を抱き、主従関係を築くためなら手段を選びません。

暴言の種類はたくさんありますが、たとえば以下のような発言です。


・「あなた(お前)さえ生まれてこなかったら」
・「お姉ちゃんなんだから」「お兄ちゃんなんだから」
・「いい歳なんだから、〇〇しなさい」
・「いい子にならないなら、もう知らない」


子供に暴力をふるう

子供が小さいときから暴力をふるうことで、子供に主従関係だけでなく、恐怖心を与えるには絶大な効果があるからです。

毒親にとって暴力は「しつけ」のひとつです。子供にとって家庭は世界のすべてなので、毒親に何をされても耐えないといけないものと認識されやすく、異常とは思いません。どんな暴力も受け入れ、こころが疲弊していくのを毒親は良しとします。

暴力といっても、子供を肉体的に苦しめるものだけでなく、精神的なものから性的なものまで多様です。


・子供に平然と暴力をふるう
・子供が何をしていても無視する
・子供の養育を放棄する
・子供に性的な虐待をする


子供に罪悪感を植えつける

毒親は子供の絶対的な支配者で居続けたいからです。

毒親は、意図的に子供にネガティブな感情を持たせるように仕向けます。毒親が高圧的な言動で子供を支配するよりも、子供から毒親に依存してくれた方が主従関係が長続きしますよね。

毒親にとって子供は所有物のひとつなので、老後もなくてはならないもののひとつです。そのため、下記のような発言をして、子供の良心や優しさにつけ入り、感情に訴えることで最大限に利用しない手はないのです。


・「やりたいことを我慢して、育ててやったのに」
・「恩を仇で返すつもりか」「親不孝者め」
・「あなたさえいてくれれば、もう何もいらない」


子供の進路や就職に口を出す

子供が毒親の思い通りに育つことで、毒親の自己肯定感が高まるからです。毒親の自己肯定感は低いのです。

毒親は人間関係を築くのが苦手なので、身近にいる家族(子供)との関係に執着します。毒親にとって、子供が自立して親から離れるのはあってはならない事態。子供を自分の思い通りにするためなら、毒親は手段を選びません。

特に、毒親にとって、子供の人生は「第二の人生」そのものです。

子供がひとつでも失敗をしたら、毒親は絶望的な気持ちになるのです。毒親は、子供にはどんなこともパーフェクトでいてほしいので、子供の選択に以下のような口出しをします。


・進学先は高偏差値、就職先は大手企業への入社を強要する
・子供の気持ちを無視し、反論は封じ込める
・思い通りの選択を子供がしないと激怒する


子供の人間関係に口を出す

毒親は子供を「永遠のクリーンな存在」と思い込んでいるために、そのイメージを壊す人物との関係を断ちたいからです。

恋愛や結婚のような人間関係も、毒親が納得できる人間関係でなければならないと考えています。

ただ、毒親の思いは子供の年齢によって矛盾が生じます。幼い頃は「毒親にとっての都合のいい子」を強要し、結婚適齢期になると「行き遅れ=負け組」にならないように結婚を強要します。

素行が悪かったり派手だったり、毒親が気に入らない人物と子供が付き合っていたら、下記のようなことを言ってあなたの人間関係を否定するでしょう。その判断は、毒親の思い込みだけで決められてしまいます。


・「あなたとは釣り合わない」
・「(〇〇さんは)素行が悪いから付き合うのをやめろ」
・「結婚して、出産して、早く親を安心させて」
・「(〇〇さんは)あなたの結婚相手としてふさわしくない」


まとめ:毒親の連鎖をあなたが終わらせよう!

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「毒親の特徴」「毒親の判断方法」を実践していただくと、今後は毒親の言動に振り回されにくくなるし、毒親対策も考えやすくなります。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。


毒親の10つの特徴
①子供を管理する
②子供を支配する
③子供に価値観を押しつける
④子供を過保護にする
⑤子供に過干渉になる
⑥子供に暴言を吐く
⑦子供に暴力をふるう
⑧子供に罪悪感を植えつける
⑨子供の進路や就職に口を出す
⑩子供の人間関係に口を出す


冷静に親を観察して毒親だと判断するのは時間がかかると思いますが、これまでのことや直近の出来事を振り返りながら記事を読んでください。

あなたの人生で転機になった出来事やそのときの親とのやり取りと、「毒親の特徴」を照らし合わせてみると、自分の親が毒親なのか、あなた自身が毒親なのか判断しやすくなります。

上記内容を実践した後は、毒親と毒親じゃない親との違いも知っておきましょう。具体的に学びたい方は、下記のの記事にも目を通しましょう。


>>毒親育ちが考える「毒親」と「じゃない親」の違い(体験談あり)



あなたの人生はあなたのものです。毒親だと気づけたからこそ、毒親の連鎖をあなたが終わらせませんか?

タイトルとURLをコピーしました