スポンサーリンク

【神奈川県横浜市】マイナンバーカードの申請方法・受け取り予約手順を解説

毒親Q&A

「マイナンバーカードの手続き方法がわかりにくい」と悩んでいませんか?

この記事で紹介する「マイナンバーカードの申請・受け取り予約手順」を実践すると、神奈川県横浜市に住んでいる方は簡単にマイナンバーカードの手続きができます。

なぜなら、私もマイナンバーカードの手続き、特に受け取り予約手順がわかりにくくて時間がかかったからです。

この記事では、マイナンバーカードのメリットとデメリットも紹介します。

この記事を読み終えると、マイナンバーカードを作るかどうか判断できるし、手続きすることになっても悩むことはなくなります。


スポンサーリンク

マイナンバーカードとは?

おかたづけ便|佐藤みなと

マイナンバーカードは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付きのカードです。

氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)、本人の顔写真が表示されているので、身分証明書として利用できます。また、自治体サービス、e-Taxなどの電子証明書をはじめ、公的サービスでも利用できます。


>>参考:マイナンバーカードについて(マイナンバーカード総合サイト)


スポンサーリンク

マイナンバーカードのメリット・デメリット

おかたづけ便|佐藤みなと

マイナンバーカードのメリットとデメリットは下記のとおりです。


マイナンバーカードのメリット

・身分証明書として利用できる
・公的手続きが簡略化できる(オンライン申請ができる)
・住民票や印鑑証明書がコンビニで発行できる
・国や自治体のサービスを受けられる


マイナンバーカードのデメリット

・情報漏えいのリスクが高くなる
・盗難や紛失に気をつけないといけない
・実質5年に一度は更新手続きをしないといけない
・手続きが完了するまでに時間がかかる(約1ヶ月半)
・マイナンバーカードを利用できる場面が少ない


運転免許証など写真付きの身分証明書を持っていない人、公的手続き(確定申告)を毎年行っている人、住民票などの公的書類を定期的に発行している人にとっては便利なカードです。

ですが、これらに該当しない人には手続きそのものが面倒だと感じるはず。また、個人情報の漏えいを考えるとデメリット(リスク)しかありません。

私は子供の保育園を申し込むときに必要だったので申請しましたが、正直、必ず申請しなければならないカードというわけではないと思います。

ただし、下記のとおり、今後はマイナンバーカードの利用範囲が拡大される見込みです。申請する人や申請せざるを得ない人は増えるかもしれませんね。


>>内閣府:マイナンバー制度導入後のロードマップ(案)


2021年~
・健康保険証としての利用開始
・マイナポータルで自分の薬剤情報、医療費情報、特定検診情報が確認可能

2022年~
・マイナンバーカードの国立大学での利用促進
・ハローワークカードとしての利用
・電子版ジョブカードとしての利用
・建設キャリアアップシステムとの連携

2023年~
・戸籍関係情報との連携

2024年~
・運転免許証との一体化
・海外からのインターネット投票などの海外利用


マイナンバーカードの申請から受け取りまでの流れ

おかたづけ便|佐藤みなと

マイナンバーカードの受け取りまでの流れは下記のとおりです。②から⑤までの所要期間は約1ヶ月です。


①QRコード付き交付申請書が郵送される
②①をもとにマイナンバーカードを申請する(スマホもしくは郵送)
③横浜市から発行手続き完了のはがきが届く
④③をもとに受け取り予約をする
⑤住まいの区の区役所もしくはマイナンバーカード特設センターで受け取る


マイナンバーカードの申請手順

おかたづけ便|佐藤みなと

マイナンバーカードの申請は、横浜市からQRコード付き交付申請書が届いてからパソコン、スマートフォン、郵送のいずれかで行います。申請手順は下記のリンクから確認できます。


>>マイナンバーカードの申請方法



マイナンバーカードの受け取り予約手順

おかたづけ便|佐藤みなと

マイナンバーカードの受け取り予約手順は下記のとおりです。これは、横浜市からはがき(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)が届いてから行います。


・手順①:予約IDとパスワードを入力する
・手順②:同意書に入力する
・手順③:連絡先を入力する
・手順④:交付場所を選択する
・手順⑤:予約日時を選択する
・手順⑥:予約内容の確認をする

これだけだとわかりにくいので、それぞれ詳しくご説明します。


手順①:予約IDとパスワードを入力する

おかたづけ便|佐藤みなと

横浜市からはがき(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)が届いたら、「横浜市マイナンバーカード予約システム」にアクセスします。予約IDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

予約IDは横浜市から届いたはがきの裏面左上に書かれている数字、パスワードは自分の生年月日8ケタ。生年月日が2021年7月10日の場合は「20210710」になります。


>>横浜市マイナンバーカード予約システム


手順②:同意書に入力する

おかたづけ便|佐藤みなと

ログインしたら「新規予約」をクリックします。注意事項が表示されるので、一読したあとに「上記に記載されている事項に同意します」にチェックを入れて、「連絡先入力へ」をクリックします。


手順③:連絡先を入力する

おかたづけ便|佐藤みなと

電話番号とメールアドレスを入力し、「交付場所選択へ」をクリックします。


手順④:交付場所を選択する

おかたづけ便|佐藤みなと

住まいのある区役所かマイナンバーカード特設センターのどちらかを選択し、「予約日時選択へ」をクリックします。


手順⑤:予約日時を選択する

おかたづけ便|佐藤みなと

予約可能日時が表示されます(時間帯は30分きざみ)。都合のつく日時を選択し、「予約内容の確認」をクリックします。


手順⑥:予約内容の確認をする

おかたづけ便|佐藤みなと

手順①~⑤までで選択した内容がすべて表示されるので、内容に間違いがなければ「確定」をクリックします。これで受け取り予約は完了です。

なお、予約完了画面が表示されるのとあわせて、入力したメールアドレスにも内容が送信されています。必要に応じてメールも確認してください。


マイナンバーカードのQ&A

おかたづけ便|佐藤みなと

マイナンバーカードのQ&Aは下記のとおりです。必要に応じて確認してください。


マイナンバー受け取り時の持ち物は?

マイナンバーカード受け取り時の持ち物は下記のとおりです。


・横浜市から届いたはがき
 (個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)
・通知カード(持っている場合のみ)
・住民基本台帳カード(交付されている場合のみ)
・本人確認資料2点


なお、受け取り日までに横浜市から届いたはがきの回答欄に受け取り日、住所、氏名を記載、およびあらかじめ暗証番号を決めておくと、受け取り時にスムーズです。


マイナンバー受け取り時に用意する本人確認書類とは?

本人確認資料は、

①官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
②本人の氏名と住所、または氏名と生年月日が確認できる書類

が各1点ずつ必要です。どちらも「氏名と住所が最新のもので住民票の記載と一致しているもの」、「有効期限があるものは有効期限内のもの」が条件です。

①と②のそれぞれに該当する具体的な書類の一例は下記を参照してください。


例:①官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類

・住民基本台帳カード(写真付きに限る)
・運転免許証
・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年(2012年)4月1日以降のもの)
・在留カード、特別永住者証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳


例:②本人の氏名と住所、または氏名と生年月日が確認できる書類

・健康保険証
・医療受給者証
・介護保険の被保険者証
・年金手帳
・母子手帳
・社員証、学生証


官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は?

「本人の氏名と住所、または氏名と生年月日が確認できる書類」を2点持って行きます。

該当する具体的な書類の一例は上記を参照してください。


本人がマイナンバーカードを受け取れない場合は?

やむを得ない理由に限り、代理人(法定代理人または任意代理人)がマイナンバーカードを受け取れます。

やむを得ない理由は下記のとおりです。仕事が多忙、通勤・通学で区役所に来庁できないというのは、やむを得ない理由として認められていません。


・病気、身体の障害がある場合
・長期出張などで仕事により交付期限内の来庁が厳しい場合
・交付申請者が未就学児である場合


ただし、マイナンバーカード特設センターでは任意代理人がマイナンバーカードを受け取れません。詳しくは下記の記事を参考にしてください。


>>代理人によるマイナンバーカードの受け取りについて


マイナンバーカードの受け取り場所は?

「住まいの区の区役所戸籍課」または「マイナンバーカード特設センター」のどちらかです。

区役所の一部およびマイナンバーカード特設センター(2021年5月14日オープン予定)は事前予約制です。横浜市からはがき(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)が届いたら確認してみましょう。


>>【神奈川県】役所・行政サービスセンターと手続き方法をまとめてみた


>>マイナンバーカード特設センター


マイナンバーカードを受け取るまでの所要時間は?(体験談)

来庁から受け取りまでの所要時間は約30分でした。

これは、受け取り場所が区役所で、月曜日の9:30に予約した場合です。来庁時間や区役所の混雑状況によって変動します。あらかじめ時間にゆとりを持ったスケジュールを立ててください。

なお、受け取り時に暗証番号を設定します。受け取りに行く前に決めておくと、受け取りの手続きがよりスムーズです。


>>マイナンバーカードで設定する暗証番号について


マイナンバーカードを紛失した場合は?

マイナンバーカードの機能停止手続きと住まいの区の区役所へ届け出る必要があります。

機能停止手続きは、マイナンバーカード総合フリーダイヤルへ電話もしくはファックスにて対応しています。


・マイナンバー総合フリーダイヤル(電話):0120-95-0178
・視覚障害者用FAX番号:0120-601-785


なお、再発行(再交付)を希望する場合は機能停止手続きとは別に再発行の手続きが必要になります。


>>マイナンバーカードを紛失した場合について


その他に質問・不明点がある場合は?

住まいの区の区役所戸籍課に問い合わせます。各区役所の情報は下記の記事を参考にしてください。


>>【神奈川県】役所・行政サービスセンターと手続き方法をまとめてみた


まとめ:必要に応じてマイナンバーを申請しよう!

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「マイナンバーカードの申請・受け取り予約手順」を実践していただくと、マイナンバーカードの手続きがスムーズにできます。また、マイナンバーカードを作るかどうかの判断もできます。

マイナンバーカードは、今のところ作らなければいけないものではありません。作るかどうか決めかねるので、何度もこの記事を読み直してあなた自身で判断してください。

上記の内容を実践した後は「物事を決断をする方法」が必要です。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。


>>毒親育ちが判断力・決断力を鍛える11の方法


タイトルとURLをコピーしました