スポンサーリンク

なぜ毒親は子供に謝らないのか?非を認めないのか?

おかたづけ便|佐藤みなと 毒親Q&A

「なぜ毒親は子供に謝らないんだろう?」と思ったことはありませんか?

この記事で紹介する「毒親が子供に謝らない理由」を読むとその理由が解消し、毒親との関係を変えるきっかけをつかめます。

なぜなら、私も実際に疑問が解消して、毒親から逃れることができたからです。

この記事では、毒親とじゃない親の家庭の違いを4つ紹介して、毒親に謝らせたいと思ったときの対処方法もご紹介します。

この記事を読み終えると、毒親が本質がわかるし、毒親対策もしやすくなります。


スポンサーリンク

毒親・毒親育ちとは?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親とは、子供の人生を支配したり子供を傷つけたりして、子供にとって「毒(有害)」になる親のことをいいます。

毒親という言い方は、2001年に発刊されたスーザン・フォワードさんの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」(講談社+α文庫、玉置悟訳)が話題になり、知られるようになりました。

毒親育ちは毒親という言葉の派生語で、毒親に育てられた子供のことをいいます。

なお、毒親、毒親育ちについて詳しい内容は下記の記事をご覧ください。



スポンサーリンク

なぜ毒親は子供に謝らないのか?非を認めないのか?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親をひとりの人間ではなく、「所有物」もしくは「奴隷」として扱っているからです。

毒親が子供をこのように扱うのは、下記のような心理があります。


・劣等感がありすぎるのにプライドが高すぎる
・子供に過干渉しすぎる
・子供に対してマウンティングを取りたい


これだけだとわかりにくいので、それぞれ詳しくご説明します。


劣等感がありすぎるのにプライドが高すぎる

毒親の親(子供から見て祖父母)も毒親だからです。つまり、毒親自身も毒親育ちということ。

毒親やその親世代には「家族神話」が根強いため、毒親は「親の言うことがすべて正しい」とか「親の言うことにしたがわなければならない」と信じていきています。ずっと親の言いなりだったために人生での失敗・挫折の経験もほとんどないので、プライドが高すぎる傾向があります。

一方で、毒親は周りの人や環境に翻弄されて生きているので、自分の意思があっても抑え込まれ続けています。そのため、何かを決断して行動する経験が乏しく、自己肯定感が低かったり自信を持てず劣等感のかたまりと化しています。

毒親にとっては劣等感よりもプライドのほうが上回っているので、毒親は「自分より下の人間(子供)に謝るのは許せない」と考えています。

なお、プライドの高さは毒親の性格の問題だし、劣等感は毒親自身が解消すべき問題です。毒親が子供に責任転嫁しているだけなので、子供が毒親の問題を背負う必要はありません。


子供に過干渉しすぎる

毒親にとって、子供は「所有物」もしくは「奴隷」だからです。

毒親は子供をひとりの人間と見なしていないので、「どんな扱いをしてもいい」「何をしてもいい」と考えています。そのため、状況によっては子供を管理・支配したり、毒親の価値観を押し付けたりもします。毒親は良かれと思って「してあげている」というスタンスです。

ただし、これは毒親の自己満足にすぎません。毒親の理屈は自己中心的で、客観的に見ると理解に苦しむものばかりでツッコミどころしかありません。子供からしてみると「ありがた迷惑」でしかありません。

毒親の過干渉な言動を否定したり拒否しようものなら、「あなたのためを思って言ってるのに」と被害者ヅラしたり逆ギレしてくるでしょう。毒親は思い込みが激しく、自身の言動がすべて正しいから家族内の権力を牛耳って何をしてもいいと信じているからです。あなたが異を唱えたら、逆ギレします。


子供に対してマウンティングを取りたい

毒親は、つねに子供よりも上の立場にいたいと考えているからです。

毒親によってやり方は違いますが、たとえば、暴力や暴言による体力差、経済的・金銭的な問題、衣食住を含めた生活環境があります。子供の成長に応じて、やり方を変えているケースもあります。

毒親の理屈は下記のようなものがあります。


・子供だから親に従うべきだ
・子供だから何をしても問題にはならない
・養育してあげているから、親に感謝するべきだ


これは、毒親の家庭で親の権限(権力)が強く、子供(毒親)のヒエラルキーが低かったことが影響しています。幼心に「大人になれば家族で一番になれる」など思った可能性もありますよね。

たしかに、親は虐待などよほどのことがない限り自身の子供を育てるケースが多いし、育てるにもお金がかかります。経済的にも精神的にも肉体的にも負担がかかるのは想像できるので、毒親の主張が的外れとは言えません。


しかし、それと毒親であることには何も関係がありません。

お金がかかることも生活環境がかわることも、子供を授かった時点でわかりきったことのはず。それを子供のせいにしてマウンティングしていい理由にはなりません。子供が毒親のストレス発散の道具のように扱うのも、毒親自身の義務を子供に押し付けているだけにすぎません。


「毒親」の家庭と「じゃない親」の家庭の違い

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親が子供に謝らないのは、その家庭環境が影響しています。

なぜなら、家庭環境は毒親が作れるからです。子供の物心がつく前に毒親が絶対的な権力を握れる環境を作っておけば、子供はそれが当たり前だと思って素直に受け入れますよね。

「毒親」の家庭には、子供にとって下記の不遇な環境があります。「じゃない親」の家庭は「毒親」の家庭と真逆の環境です。


・自分の考えや価値観を言えない
・自分の悩みを相談できない
・失敗やあやまちが許されない
・思い通りに自由に過ごせない


このような違いがあるのは、毒親に「じゃない親」がすることを親がするという考えがなく、行動に起こせないからです。


自分の考えや価値観を言えない

子供(毒親育ち)が家庭内で自分の考えや価値観を言うと、毒親からの返り討ちにあうからです。

自分の考えや価値観が正しいと信じている毒親にとって、ヒエラルキーの低い子供の考えや価値観はクズ・ゴミ同然です。子供がどんなに有益なことを言っても聞く耳を持ちません。毒親は子供に「言うだけムダ」と思わせることで、何も言えなくさせます。

そのため、毒親は子供に対して下記のような言動をします。


・人格否定(性格や能力が劣っていると植え付ける)
・突き放す(何をしても見て見ぬフリをする、放置や無視)
・バカにする(子供の考えや価値観を全否定する)
・比較する(特にきょうだいや知人と比べる)
・あざ笑う(「お前はおかしい、狂っている」と言う)


毒親は子供をひとりの人間と見なしていないので、子供の考えや価値観は「聞くに値しない」と思い込んでいます。子供が必死になって話しても、子供の言動はすべて毒親がストレスを発散するためのネタにしかなりません。

その結果、子供は他人に対して尊敬とか敬意の念が持ちにくくなったり、信用・信頼はできなくなります。職場や学校などでコミュニケーションが取りにくく、人間関係に悩むようになります。

一方で、「じゃない親」の家庭では下記のことが行われています。


・親が子供の考えや価値観を受け止める(話を聞く)
・子供の考えや価値観を理解しようとする
・子供の考えや価値観にゆがみがあれば、理由を伝え正す


自分の悩みを相談できない

毒親のキャパシティ(能力)が低すぎるからです。

毒親は自身のことしか考えられないので、相手が誰であっても、相手の話に耳を傾ける能力が著しく欠けています。ただし、毒親は世間体を気にするので、相手が友人や知人などの他人には親切にしますが、子供は「所有物」「奴隷」なので攻撃してもいいと認識しています。

たとえば、毒親は子供に対して下記のような言動をします。


・子供から話しかけても聞く耳を持たない(無視・拒絶)
・何かと理由をつけて距離を置こうとする
・話を聞き入れても、「お前が悪い」などと子供を責め立てる


毒親は子供を責め立てるネタをつねに探しています。子供が毒親に相談すること自体が自滅行為になるので、自力で悩みを解消しなければなりません。

その結果、子供の自己解決力は高まりますが、周りの人に頼ったり相談したりするのはできなくなります。自身の視点でしか物事を判断しがちになるので、視野が狭くなり固定概念(思い込み)が強くなります。

一方で、「じゃない親」の家庭では下記のことが行われています。


・子供の相談に乗るための時間を作る
・親身になって子供の話を聞く(話の途中で遮らない)
・子供が困っているときは解決のためのヒントを与える


失敗やあやまちが許されない

毒親が子供(毒親育ち)に完璧を求めすぎるからです。

毒親は世間体を気にしすぎるので、「子供の失敗・あやまち=自身の恥」と見なします。毒親はすべての物事を自分のものさしでしか見ることができないので、子供には年齢や能力以上の要求をするのに、小さな失敗・あやまちであっても過剰反応をします。

たとえば、毒親は子供に対して下記のような言動をします。


・子供の言動を管理したり監視したりする(過干渉)
・子供に対して頻繁に状況確認をする
・顔をあわせるたびに子供にキレる


毒親は自身の都合だけを子供に押し付けるので、感情も言葉もキャッチボールが一方的です。その結果、子供は親の顔色をうかがって、つねに不安になったりビクビクしたりすることになります。

子供の頃からこのような状況が続くと、子供は他人に疑い深くなります。大人になるにつれて生きづらさを感じるようにもなり、精神的に追い詰められる場合もあります。

一方、「じゃない親」の家庭では下記のことが行われています。


・子供に気をかけつつも、自由にさせる(見守る)
・問題が起きたら、一度は子供の間違いを受け止める
・同じ間違えを繰り返さないために理由を説明する


思い通りに自由に過ごせない

毒親が子供をひとりの人間として扱わないからです。

毒親は、子供の進学先(学歴・偏差値)、就職先、結婚相手(収入・学歴・家柄)を重視しています。毒親はこれらが優れていれば人生が安泰で、子供に安泰な人生を送らせることが親としての義務だと信じています。

そのため、毒親は子供に対して下記のような言動をします。


・子供の言動を細かくチェックする
・子供が毒親の願望に反した言動をすると罵倒する
・子供の選択をバカにしたりあざ笑ったり卑下したりする


毒親は世間体を気にしすぎているので、「子供の質=親の評価」と見なしています。毒親は自己顕示欲のかたまりなので、子供を利用して「ほめられたい」とか「ちやほやされたい」と思っているだけです。どこまでも自己中心的な言動しかできません。

その結果、子供は無意識のうちに自身の壁を作ります。周りの人と一線を引いて接するようになったり、やりたいことがあっても「自分にはできない」とあきらめて身動きができなくなります。


毒親に謝らせる必要はあるのか?

おかたづけ便|佐藤みなと

残念ながら、毒親に謝らせようとすること自体が時間のムダです。

なぜなら、毒親は子供に「毒(有害)」を与えているとは思っていないからです。

子供は毒親によって辛い経験をさせられているからこそ、毒親が謝ってくれれば苦しみから解放されると思いますよね。ですが、毒親と子供の認識はかけ離れているので、話し合いは平行線のまま。子供のストレスだけが増えて、精神的に追い詰められるだけです。

子供が毒親に謝らせようとするのは、子供自身が「謝ってくれたら関係が良くなるかもしれない」と毒親に期待しているからです。けれど、期待したところで何も変わりません。

少しでも早く、毒親に見切りをつけましょう。毒親に期待するのをやめて、距離を置くか絶縁するのが最善策です。


まとめ:毒親を反面教師にしよう!

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「毒親が子供に謝らない理由」を知り「毒親に謝らせたいと思ったときの対処方法」を実践すると、毒親が本質がわかるし、毒親対策もしやすくなります。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。


毒親が子供に謝らない理由

・劣等感がありすぎるのにプライドが高すぎる
  →毒親自身も毒親育ちだから


・子供に過干渉しすぎる
  →毒親にとって子供は「所有物」もしくは「奴隷」だから


・子供に対してマウンティングを取りたい
  →つねに子供よりも上の立場にいたいと考えているから


子供(毒親育ち)は毒親に悩まされ苦しんできたぶん見返りを求めがちですが、子供が何を言っても毒親は変わりません。気持ちのモヤモヤを解消するのに時間はかかると思うので、あなたのペースで少しずつ解消してください。

毒親から学べることは、歪んだコミュニケーション力と価値観だけです。あなたの人生を破滅に導き狂わせるだけなので、できるだけ早く毒親と関わらない人生に変えましょう。

あなたの人生はあなたのものです。毒親を反面教師として、あなたに合った人生に変えていきませんか?

タイトルとURLをコピーしました