スポンサーリンク

毒親と絶縁できる?毒親育ちが毒親から離れられない3つの理由

おかたづけ便|佐藤みなと 毒親からの解放

毒親から離れるのを先延ばしにしていませんか?

この記事で紹介する「毒親育ちが毒親から離れられない理由」を読むと、毒親育ちが毒親から離れるために大切なことを学べます。

なぜなら、私も実際に実践して毒親の罠を見破り、毒親から離れられたからです。

この記事では、毒親育ちが毒親から離れられない理由と離れるための対策をご紹介します。

この記事を読み終えると、今後は毒親の罠にとらわれることはは一切なく、毒親育ちが自身の意思で自立する一歩を踏み出せます。


スポンサーリンク

毒親とは?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親とは、子供の人生を支配したり子供を傷つけたりして、子供にとって「毒(有害)」になる親のことをいいます。

毒親という言い方は、2001年に発刊されたスーザン・フォワードさんの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」(講談社+α文庫、玉置悟訳)が話題になり、知られるようになりました。

毒親育ちは毒親という言葉の派生語で、毒親に育てられた子供のことをいいます。

なお、毒親について詳しい内容は下記記事をご覧ください。


>>毒親とは?毒親の10つの特徴・チェックリストをまとめてみた


スポンサーリンク

毒親育ちが毒親から離れられない3つの理由

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親育ちが毒親から離れられない理由は下記のとおりです。


・毒親が過干渉すぎる
・毒親育ちが毒親を信頼しすぎている
・毒親育ちが毒親の優しい一面を知っている


毒親育ちによって家庭環境に違いはありますが、毒親育ちが毒親から離れられないのは、毒親が巧妙な手口で子供(毒親育ち)を所有物化したり隷属化しているからです。

これだけだとわかりにくいので、毒親育ちが毒親から離れられない理由をそれぞれ詳しくご説明します。


毒親が過干渉すぎる

毒親は、毒親育ちが反抗したり抵抗したりするほど束縛を強めます。

なぜなら、毒親自身が子供(毒親育ち)に依存しているので、依存先がなくなるのは困るからです。

毒親の親(子供から見たら祖父母)も毒親気質で、世代を越えて「毒」の連鎖が起こっています。そのため、毒親自身もコミュニケーションを取るのが苦手で、ほどよい距離感で他者と接することができません。

毒親は人見知りの傾向が強く、いったん心を開いた相手には安心感を覚えて、はじめて人間関係を築きます。

ただ、「自分さえ良ければいい」と自己中心的な発想を持ち、現状に固執します。一度築いた人間関係に執着したり依存したりします。相手の感情を無視した人間関係を築こうとするので、長続きしません。

けれども、子供は違います。家族のひとりとして幼いころからずっと一緒にいられるます。

だから、毒親の思い通りに育てられるし、毒親が執着も依存もたやすくできるもっとも身近な存在です。コミュニケーションが取るのが苦手な毒親にとって、何が何でもつなぎ止めなければならない、唯一の人間関係と言っても過言ではありません。

毒親は子供のやることなすことすべてに口を出すのが「当たり前」と考えています。

毒親の言動、特に発言や口癖はすべて子供の言動をコントロールするためのものです。子供が毒親から逃れたい、離れたいと思っていても、毒親がその隙を与えることはありません。


毒親育ちが毒親を信頼しすぎている

毒親は毒親育ちにとって絶対的な存在になっています。

なぜなら、毒親による過干渉によって、毒親育ちの感覚がマヒしているからです。

冷静になって観察すると、毒親の言動は過剰すぎるものが多く、毒親育ちにとっては「毒(有害)」そのものです。

けれど、毒親育ちは自分の親が毒親だと気づいた日まで毒親を信頼しているので、毒親を否定するのはたやすいことではありません。気持ちを整理するための時間が必要です。

この時間は、毒親への依存度と毒親育ちがどのくらい毒親から離れたいと決意しているのかで変わります。依存度が高いもしくは決意が低いほど、数年単位~数十年単位と長期化します。

なぜなら、毒親育ちは自信がなく自己肯定感が低いからです。そのため、


・毒親が手取り足取りフォローしないと何もできない
・自分のやることなすことがすべて間違い
・自分が何をしたいのかわからない


などと、毒親の言動だけではなく、毒親の影響で毒親育ち自身の言動によってもネガティブな思い込みを強めていきます。

これらは毒親に言動をコントロールされているからなので、毒親育ちにとっては「毒親なしでは生きられない=毒親が絶対的な存在」になっています。

また、毒親に全幅の信頼を寄せることで、毒親育ちは毒親にアドバイスをもらおうとするし、その結果を「評価してもらいたい」「ほめてもらいたい」と思うようにもなります。毒親は、毒親育ちにとって承認欲求を満たす存在にもなっているのです。

このような状況になると、毒親育ちは毒親から離れられなくなります。毒親育ちも毒親に依存しているのです。


毒親育ちが毒親の優しい一面を知っている

毒親は、感情の浮き沈みや暴言・暴力を巧みに利用します。

なぜなら、毒親が子供(毒親育ち)をできるだけ長くそばにいてほしいからです。

毒親は、依存心の強いモラルハラスメント(モラハラ)気質です。依存心が強いほど、対象者にとことん依存するし、対象者から奪えるものがあればすべて奪おうとします。特に毒親育ちは損得勘定で行動するので、自身が有利になることだけを選びます。

たとえば、毒親は子供に暴言を吐いたり暴力をふるったりするのに、ある日突然コロッと態度を変えて、「ありがとう」などの優しい言葉をかけることがあります。これは、毒親が子供にアメとムチを利用しているだけです。

毒親が子供に優しさを見せるのはめったにないことなので、子供は「その優しさをもう一度見たい」「毒親に喜んでもらいたい」と毒親にのめり込んでいきます。毒親を信頼しているぶん、毒親育ちは毒親の言動をすべて真に受けするし、信頼することで依存していきます。

なぜなら、毒親育ちは自信がなく自己肯定感が低いぶん、それを補うための承認欲求が強いからです。毒親育ちは毒親から不自由なくすべてを与えられているので、自力で行動することができません。そのため、承認欲求を満たす方法がわからないので、その方法を毒親に求めます。

毒親の優しさで、毒親育ちは過去に受けた暴言や暴力をリセットすることさえもあります。これでは、毒親から離れたいと思っていても離れられないですよね。


毒親の暴言や暴力はリセットしてもいいの?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親の暴言や暴力はリセットするものではありません。

なぜなら、毒親育ちが毒親から受けた仕打ちやそのときの恐怖心は消えないからです。ことあるごとに記憶がフラッシュバックされ、トラウマに変わっています。

もちろん、毒親がまれに見せる優しさによって、毒親の暴言や暴力がリセットされたように感じることはあるかもしれません。

しかしそれは一時的です。毒親は暴言や暴力を再開するので、リセットするどころか事態が悪化します。毒親育ちの心身が癒えることもありません。

これまで毒親から受けた暴言も暴力も、許さなくていいのです。

「親だから」大切にしないといけない、尊敬しないといけないという思いもあるでしょう。世間体を気にして、家族関係が良好だと取り繕う場合もあります。

けれど、相手が誰であっても人を大切にするのも相手を敬うもので、家族間でも同じです。それをできない、しようともしない毒親を許そうとするのは自身が苦しむだけ。苦しみから逃れるために、許さないという選択をするのもアリなのです。


毒親育ちが毒親から離れたいと思ったらすることは?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親育ちが毒親と離れるためにもっとも大切なことは強い意思を持つことです。

なぜなら、毒親と毒親育ちは共依存の関係で成り立っているからです。

このような状況になったときの毒親の言動には、下記のようなものがあります。


・暴言が悪化して脅迫に近い発言をする
・パニックになり、支離滅裂な発言や矛盾した発言をする
・ヒステリックになり一方的にまくしたてる
・感情の浮き沈みが激しくなり責め立てる
・あらゆる手段を使って、子供(毒親育ち)の気を引こうとする


毒親は、いったんスイッチが入ると自分で感情や言動をコントロールできなくなります。子供が毒親から離れようとすればするほど執着し、依存心を強めます。毒親が諦めるまで耐えるにも限界があります。

一刻も早く毒親との関係を割り切って、物理的に距離を置くのが最善策です。

>>毒親と距離を置くためにやめるべき10の習慣と対処方法


毒親から離れたことを批判されたらどうする?

おかたづけ便|佐藤みなと

自分の親を「毒親」と言ったり、家族を切り捨てたことを批判的に捉えられることが多いのが現状です。

なぜなら、日本では家族を重んじる習慣があるからです。毒親という言葉は知られるようになりましたが、実際に毒親とか毒親育ちだと言う人には出会うことがほとんどないのが影響しています。

毒親の影響を受けて、ほとんどの毒親育ちは世間体を気にして生きています。家族の事情を公にすることはないにしても、「もしバレたら何て思われるのかな」と不安もありますよね。

家族を切り捨てたことを批判的に捉える人が言うセリフには以下のようなものがあります。


・育ててもらった親に「毒親」と言うのはおかしい
・親は子供のためを思ってやってくれているのに
・反抗期のような態度をしていないで、実家に帰れ
・家族(親子)関係の一般論をふりかざす
・子供を嫌いだと思っている親はいない、愛情だ


これらはすべて、家族(親子)関係の一般論をふりかざしているだけにすぎません。どの家族もまったく同じ関係を築けるわけではありません。家族ごとに違っていいのです。

そのため、世間体を気にしすぎて毒親との共依存関係を続けるのは、毒親育ちであるあなた自身の首を絞めることにもつながります。家族とはいえ、性格や価値観はひとりひとり違うので、相性の良し悪しはあります。

世間体や批判的な意見が気になる気持ちも理解できますが、もっとも大切にするのは毒親育ちであるあなた自身です。



まとめ:毒親育ち自身の人生を生きよう!

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「毒親育ちが毒親から離れられない理由」を知り、「毒親から離れるための対策」を実践していただくと、今後は毒親から離れるのを先延ばしにすることは一切なくなり、嫌いとか憎いというネガティブな感情を減らすことができます。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。


毒親育ちが毒親から離れられない3つの理由


・毒親が過干渉すぎる
  →毒親自身が子供(毒親育ち)に依存しているから


・毒親育ちが毒親を信頼しすぎている
  →毒親育ちの感覚がマヒしているから


・毒親育ちが毒親の優しい一面を知っている
  →毒親が子供(毒親育ち)をできるだけ長くそばにいてほしいから


毒親から離れがたいと感じると、離れるのに時間がかかると思いますが、何度も何度もこの記事を読み直して行動を始めてみてください。

いざ行動を起こしてしまえば、その行動に弾みをつけることができ、毒親からあなたの足であなたの人生を歩むことができます。

上記の内容を学んだあとは、「毒親と絶縁する方法」が必要です。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。


>>毒親と絶縁する6つの方法!実践・対策マニュアル(体験談あり)



あなたの人生はあなたのものです。毒親を反面教師にして、あなたが望む道を歩みましょう。

タイトルとURLをコピーしました