スポンサーリンク

毒親育ちが分籍するときに決断すべき3つのこと(体験談あり)

おかたづけ便|佐藤みなと 毒親からの自立

分籍がどんな制度かわかっても、実際に分籍しようか悩んでいませんか?

この記事で紹介する「分籍の決断ポイント」を実践すると、分籍するかしないかが決断できます。

なぜなら、私も分籍の制度を知ってから実際に手続きするまで1年かかったからです。

この記事では、分籍するときに決断すべき3つのポイントを紹介して、分籍するか分籍しないか悩んだときの対処方法もご紹介します。

この記事を読み終えると、分籍するか分籍しないか決断できます。分籍すると決断した場合は納得して手続きできるし、分籍しないと決断した場合も分籍について悩みが解消されます。


スポンサーリンク

分籍とは?

おかたづけ便|佐藤みなと

分籍とは、現在登録されている戸籍からあなたの戸籍だけを取り除いて、新たにあなただけが登録されている戸籍を作る法的な手続きです。

戸籍は日本国民であることを示すものです。日本国民であれば誰でも持っているもので、家族単位で作られています。結婚や離婚といったライフステージの変化があると、戸籍を新しい筆頭者の戸籍に移動します。

戸籍の手続き方法、必要書類、毒親育ちにとってのメリット・デメリットについては、下記の記事で紹介しています。


>>分籍とは?分籍の手続き方法と必要書類を解説してみた


スポンサーリンク

毒親育ちが分籍するときに決断すべき3つのこと

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親育ちが分籍するときに決断すべき3つのことは以下のとおりです。


・あなたにとってのメリットがあるか
・毒親とどのような関係を築いていきたいか
・毒親とどの程度の距離感を保ちたいか


これだけだとわかりにくいので、それぞれ詳しくご説明します。


あなたにとってのメリットがあるか

分籍をしても、あなたの生活には何も影響がないからです。急いで手続きをしなければならないほどの、メリットもデメリットもありません。

分籍は役所の手続きのひとつなので、手続きをするために戸籍謄本を取り付けて、役所へ手続きに行かなければなりません。手続きそのものに手間も労力もかかるので、分籍する強い理由がなければ、手続きをする気力が失せやすいです。

ただ、毒親育ちは毒親の影響を受けすぎています。毒親と接していて下記のような状態になっている場合は、分籍をするメリットがあると言えます。


・毒親の存在に拒絶反応を示す
・毒親の言動に嫌悪感を抱く
・毒親の言動でモヤモヤした気持ちになる
・毒親の言動で感情の浮き沈みが激しくなる


分籍によって唯一変わるとすれば、「毒親から独立する」とあなたの意思を表明できることです。あなたが毒親と距離を置きたいと考えているなら、意思表明するだけであなたの心構えが変わります。


毒親とどのような関係を築いていきたいか

毒親といっても、あなたの親に変わりないからです。

分籍によって、毒親と絶縁できるわけではありませんが、次の項目で紹介するとおり、あなたが毒親との距離感を決められます。血縁関係をたどれるので完全に関係を断つのは厳しいかもしれません。ですが、自分の立場をはっきりさせて毅然とした態度は取れます。

あなたの家族構成、家庭環境、毒親の健康状態によっては、介護や同居など家族ならではの問題に直面する可能性があります。このような問題は、あなたの力でコントロールできないのです。

ただ、毒親のすべてのことにあなたが義務感を持って、抱え込む必要はありません。毒親に対して、下記のような対応をすることも可能です。


・毒親からの助けに応じない(金銭の援助など)
・毒親の介護をしないと決める
・毒親とのかかわりを放棄する


毒親に対して罪悪感を抱くかもしれません。ですが、これまで経験した毒親の仕打ちを考えると、「親だから」という理由だけで最後まで面倒を見てあげようとは思えません。自分の本音には素直であろうとしていいです。

すべてはあなたの選択で変わります。あなたにとっての正解を見つけたいですね。


毒親とどの程度の距離感を保ちたいか

心理的にも物理的にも毒親と距離を置くことで、毒親の影響をダメージを最小限にできるからです。

あなたは、生まれてから今まで毒親の影響を受け続けています。あなたが気づかない間に言動のところどころに毒親の影響が見られます。そのため、毒親の影響を減らしていく必要があります。

たとえば、定期的に連絡を取り合っているくらいなら、LINEや電話、直接会う頻度を減らすこと。一方で、毒親の言動に一喜一憂したり、毒親の存在自体に嫌悪感、不快感、拒絶反応を示している場合は、毒親との関係を断ったと感じられる手段が必要です。このようなときに分籍は有効です。

どのくらい毒親の影響を受けているかは個人差があるので、毒親育ちの間でも個人差があります。試してみないとわからないので、思いつく限りの方法を試してあなたに合う方法を選択してください。


佐藤みなと
佐藤みなと

あなたが大切にするべきものはあなた自身です。あなたが安心・安全に、心穏やかに暮らせる方法を見つけてくださいね。


分籍を先延ばしするときの対処方法(体験談)

おかたづけ便|佐藤みなと

私の場合、分籍しようと思い立ってから実際に手続きをするまでに1年くらいかかりました。その理由は下記のとおりです。


・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)の取り付けが面倒
・分籍の手続きをするのに仕事を休まないといけない
・精神面以外で毒親の影響を感じていなかった
・毒親に分籍したことがバレそうで怖い
・毒親とはいえ、育ててもらった恩がある


結果的に、実際に分籍の手続きをして良かったし、早く手続きしておけば…とも思っています。

ですが、分籍したいと思っていても、私のように上記のことなどが引っかかって手続きに至らない場合もありますよね。状況別の対処方法もご紹介します。


分籍にメリットもデメリットも感じている

毒親育ちは、毒親の顔をうかがいながら生活してきたからです。

いわゆる「空気を読む」行動をし続けていると、自分で考えて行動する力を失います。行動力を取り戻すには、失った年月と同じくらいかそれ以上の年月がかかります。

状況によって、空気を読むことも大切ですが、それが我慢になっていませんか?空気を読みすぎてしまうと「自分の気持ちを言っておけばよかった」と後悔することもあります。

せめて、自己完結(解決)できることくらいは、自分の気持ちを前面に出してワガママくらいがちょうどいいです。


佐藤みなと
佐藤みなと

これまで我慢してきたぶん、素直になってください。

自分が気にしていても、周りの人はあなたが何をしていても気にしていません。


自分で分籍すると決める勇気がない

人に言われた通りに行動することに慣れすぎているからです。

毒親育ちは、毒親が「主」となった主従関係に慣れすぎて、どんなことも誰かの判断にゆだねるクセがついています。決断することに慣れていないのもありますが、決断の仕方がわからなかったり、決断をして責任を負いたくないと思っています。

あなたの人生はあなたのものです。新しいことを始めるのに不安や恐怖心はつきものですが、そればっかりになると身動きができません。


佐藤みなと
佐藤みなと

すべて毒親との関係をどうしたいかに尽きます。

現状維持がいいなら何もしないのもひとつの方法ですが、それが本心でなければ自分で変えていくしかありません。


>>毒親育ちが判断力・決断力を鍛える11の方法


分籍して良かったと思えるか不安

毒親育ちは、毒親に不安をあおられ続けてきたからです。

何かを始めたり行動に起こすときに、はじめから自信満々な人はいません。「これだ!」と思うことから始めて試行錯誤を繰り返して、「自分にとっての正解」を見つけていきます。

分籍して元の戸籍に戻れないことをリスク(デメリット)と感じるかもしれません。ですが、生活に大きな影響はありません。分籍をして良かったと思えるかは、実際に手続きしてみないことにはわかりません。


佐藤みなと
佐藤みなと

自分の正解は自分で決めるものです。毒親をはじめ、周りの人が決められるものではありません。ざっくりとどんな人生を歩んでいきたいか想像するのもアリですね。


分籍すると決断するのが苦しいと感じる

今まで経験していないこと、経験が少ないことは、すぐにできるとは限らないからです。

毒親の価値観が刷り込まれすぎているので、毒親育ちは毒親の意に反することをすることに罪悪感を覚えます。しかも、自分のこととして物事をとらえるのが苦手なので、決断するのが負担になることもあります。

いずれは決断することになりますが、いったん離れてみるのもアリです。気持ちが落ち着いたタイミングで向き合ってください。どんな決断をしてもあなたの自由です。


佐藤みなと
佐藤みなと

決断することから離れすぎると、先延ばしや放置につながります。必ず期間を決めておきましょう。


まとめ:納得して分籍の手続きを行おう

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「分籍の決断方法」「分籍するか悩んだときの対処方法」を実践していただくと、今後は分籍するかしないか悩まなくなります。分籍についての悩みがひとつ解消できますね。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。


分籍を決断する3つの方法

・あなたにとってのメリットを確認する
  →これがないと、分籍の手続きをする気持ちになれない

・毒親との距離感を決める
  →あなたに合う距離感だと、毒親の影響を受けにくい

・毒親との関係性を決める
  →自分でどうにかしようとせず、外部に頼る


毒親のことを考えると気持ちが暗くなりがちですが、分籍した後は元の戸籍に戻れません。悩んでいるなら、勢いで手続きしないこと。後悔なく分籍するためには、あなたが納得して手続きすることが大切です。

上記内容を実践して、分籍の決断をすると、「実際の分籍の手続き」も気になりますよね。具体的に知りたい方は下記にも目を通しましょう。

>>毒親育ちの私が分籍を決めた3つの理由と対処方法(体験談あり)


タイトルとURLをコピーしました