スポンサーリンク

脱・毒親!毒親育ちがやめた口癖と増やした口癖のチェックリスト

おかたづけ便|佐藤みなと 毒親からの自立

「毒親から解放されたい」「毒親から逃げたい」と思ったことはありませんか?

この記事で紹介する毒親育ちが「やめた口癖」と「増やした口癖」を知ると、毒親育ちの口癖とその口癖を変えるポイントがわかります。

なぜなら、私も毒親育ちだとわかって口癖を変えたことによって、価値観や考え方を一心して良好な人間関係を築きやすくなったからです。

この記事では、毒親育ちがやめる口癖と増やす口癖を紹介して、口癖を変えるポイントもご紹介します。

この記事を読み終えると、あなた自身の言動を客観的に理解しやすくなるし、毒親の「毒」から抜け出すキッカケにもなります。


スポンサーリンク

毒親・毒親育ちとは?

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親とは、子供の人生を支配したり子供を傷つけたりして、子供にとって「毒(有害)」になる親のことをいいます。

毒親という言い方は、2001年に発刊されたスーザン・フォワードさんの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」(講談社+α文庫、玉置悟訳)が話題になり、知られるようになりました。

毒親育ちは毒親という言葉の派生語で、毒親に育てられた子供のことをいいます。

なお、毒親、毒親育ちについて詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

>>毒親とは?毒親の10つの特徴・チェックリストをまとめてみた

>>毒親育ちとは?毒親育ちの10つの特徴・チェックリストをまとめてみた


スポンサーリンク

脱・毒親のために口癖を変える理由

おかたづけ便|佐藤みなと

口癖は、あなたの価値観や行動だけではなく習慣や表情まで、人生そのものを変えます。

なぜなら、自分の親が毒親だと気づくまでの毒親育ちの人生は、毒親の影響を受けすぎているからです。

たとえば、あなたが何か新しいことを始めようとすると、毒親は「お前にはできない」など、あなたの価値観や行動を制限する口癖を繰り返します。それが積み重なった結果、あなたの自信も自己肯定感も低くなっていき、何をするにしてもネガティブな口癖を繰り返して身動きが取れなくなっていきます。

このようなことが起こるのは、あなたも知らず知らずのうちに毒親の口癖をマネして、あなたの口癖にもなっているから。あなたの口癖はあなたの行動を制限しています。その口癖を言い続けていると、あなたはずっと毒親にとらわれたままと言っても過言ではありません。

もちろん、性格上、心配性だったり臆病だったりすることも。過去に大きな失敗をした経験や辛く苦い思い出があって、反射的にあなた自身が行動を制限している場合もあります。このようなときは「失敗したくない」などの感情がともないますが、最終的にはあなたのネガティブな口癖が決定しています。

ネガティブな口癖をエネルギーに変えて活躍されている場合もあるので、必ずしもネガティブな口癖が「悪」というわけではありません。


けれど、毒親育ちの場合は、


・何もしなかったことを後悔して、引きずる
・些細なことでも過敏に受け止めて、悲観的になる
・自信や自己肯定感をさらに下げる
・思い込みが激しくなり、身動きが取れなくなる


といった悪影響を及ぼしやすくなります。「自分は毒親育ちだ」と認識しているほど、まずは口癖を変えてみましょう。

>>自分の親が毒親だと気づいたきっかけ(体験談あり)


毒親育ちがやめた口癖

おかたづけ便|佐藤みなと

毒親育ちがやめる口癖は下記のとおりです。


・「~すべき」「~しなければならない」
・「絶対に」「確実に」
・「当たり前」「普通」「常識」「世間的に」「一般的に」
・「みんなが言っているから」
・「できない」「無理」「ダメ」
・「でも」「だって」「だから」


毒親育ちによって口癖に違いはありますが、毒親育ちの口癖は自己否定や自己嫌悪を強めるものばかりです。

これだけだとわかりにくいので、毒親育ちにやめる口癖がある理由をそれぞれ詳しくご説明します。


「~すべき」「~しなければならない」

毒親育ちは責任感が強く、すべての言動を義務だととらえがちです。

なぜなら、毒親に言動を制限されたり、毒親が考える子供の「あるべき姿」を強要されてきたからです。

仕事の職種や役職、学校の部活や委員会などでは任される役割があります。その責任をまっとうするために、状況によって「あるべき姿」とか「すべきこと」を求められるでしょう。毒親育ちはその責任を人間関係やプライベートにも持ち込みます。

毒親育ちがこのような口癖を言うのは、毒親だけではなく周りの人の目を気にして、それにコントロールされているからです。

けれども、あなたの人生はあなたのものなので、あなたに関わるすべてのことはあなたが選択・決定できるものです。困りごとや悩みごとを周りの人に相談することはあっても、すべてを受け入れなければならない、ということはありません。

また、人生には想定外のことも起こるので、義務感や責任感だけで乗り越えられるとも限りません。肩の力を抜ける時間や場所を作ると気持ちにゆとりができて、臨機応変に対応しやすくもなります。


「絶対に」「確実に」

毒親育ちは、何か問題が起きたときに0%か100%か、白か黒か、勝ちか負けか、極端な決め方をします。

なぜなら、毒親の価値観をそのまま受け継いでいるからです。相手の状況を考えて、折衷案とか妥協案で折り合いをつけようという発想がほとんどありません。

毒親育ちがこのような口癖を言うのは、承認欲求が強く、自身を正当化させたいと思っているからです。

毒親育ちは、親(家族)に愛されているとか大切にされているとか実感した経験を自力で補おうとします。そのぶん、自身の価値観や考え方に固執しがちです。根拠のないことでも「自分が正しい」と思い込んで発言するので、周りの人からの批判や否定には攻撃的になります。

けれども、あなたが思っていることが「絶対に」「確実に」正しいとも、相手がいる場合はあなたの考えが「絶対に」「確実に」受け入れられるとも限りません。あなたと相手の価値観や考え方は違ってもいいのです。


「当たり前」「普通」「常識」「世間的に」「一般的に」

毒親育ちがもっとも大切にしていることは、周り人と浮かないことです。

なぜなら、毒親に「周りと同じ」であることを強要されてきたからです。毒親は、毒親育ちが持つ個性を認めないし否定し続けています。

毒親育ちがこのような口癖を言うのは、自身を正当化させるために周りの人に援護してほしいからです。そうすれば、周りの人と浮かずに自身の主張を通しても罪悪感がないですよね。

けれども、あなたと周りの人との価値観や考え方がまったく同じことはないし、むしろ違うことばかりです。この口癖を使い続けて、あなたの個性を押し殺し続けることにメリットはありません。


「みんなが言っているから」

毒親育ちが優先しているのは周りの人の考えです。

なぜなら、周りの人と浮かないことを優先しすぎて、毒親育ち自身の価値観や考え方を言えなくなっているからです。意図的に言わない場合もあります。

毒親育ちがこのような口癖を言うのは、周りの人と浮きたくないからです。みんなで決めたことなら、どのような結果(結論)になっても個別に非難されたり否定されたりする可能性は低くなりますよね。

また、「みんな」は多数大勢を指しているので、「みんな」という多数派がいることを盾にして周りの人に責任を押し付けたり、非難・批判もできます。この口癖は言い訳にも使えるので、あなた自身の「逃げ癖」もついて現実逃避するようにもなります。


「でも」「だって」「だから」

毒親育ちは、新しいことややってみたいことがあっても、それを始めなくてもすむ逃げ道を作っておきます。いわゆる「言い訳」です。

なぜなら、毒親から受ける暴力や暴言を最小限にするために、自己防衛したいからです。

毒親育ちがこのような口癖を言うのは、「言い訳」を並べることで自分の身を守ることができるし、今のままでもいいまっとうな理由にもなるからです。

ときに先々を見据えて自己防衛をすることも大切ではありますが、自己防衛をしすぎて身動きが取れなくなってしまっては元も子もありません。毒親の毒から解放されるため、あなたの言動を豊かにするためにも、この口癖を断ちましょう。


「できない」「無理」「ダメ」

毒親育ちは、無意識のうちに自信を陥れたり蔑んだりしています。

なぜなら、毒親の暴力や暴言によって「格下の存在」だということを植え付けられているからです。

毒親育ちがこのような口癖を言うのは、自身のやることなすことに自信を持てないからです。暴言や暴力は、最初のうちは反抗したり反論したりもしますが、それが日常的になると感覚がマヒして事実だと思い込んでしまいますよね。

けれども、毒親に思い込まされているだけで、新しいことややってみたいことがあなたにとっての「できないこと」「無理なこと」とは限りません。この口癖は、あなたにとってのチャンスや好奇心を奪うものです。やめるのは早ければ早い方が良いでしょう。


毒親育ちが増やした口癖

おかたづけ便|佐藤みなと

一方で、毒親から解放されるためには毒親育ちが増やす口癖もあります。


・「ありがとう」
・「嬉しい」「悲しい」など気持ちを伝える言葉
・「私は~だと思う」と発言の主語を自分にする


これだけだとわかりにくいので、毒親育ちに増やす口癖がある理由をそれぞれ詳しくご説明します。


「ありがとう」

「ありがとう」は、毒親育ちにとっても「じゃない人」にとっても気持ちの負担を軽くする言葉です。

なぜなら、毒親育ちはコミュニケーションを取るのが苦手だからです。

毒親育ちは毒親の顔色をうかがってきたために、自身が毒親育ちだとわかってからも周りの人の顔色をうかがい続けています。そのため、反射的に「すみません」「ごめんなさい」など謝り癖がついています。

もちろん、トラブルや問題が発生して自身に非があるとハッキリわかっているなら、素直に謝る必要はあるでしょう。そうではない場合は、むやみに謝らなくてもいいのです。

謝り癖がついていると、下記のようなことが起こります。


・相手との関係が主従関係になる(毒親育ちが「従」)
・相手に都合よく利用されたり騙されたりしやすくなる
・相手に罪悪感を与える(悪いことをした気持ちにさせる)
・自分自身の自己肯定感や自信を下げる


一方で、「ありがとう」は人間関係において相手と対等な関係を築けます。相手もあなたもモヤモヤした気持ちにならずにすむので、「すみません」「ごめんなさい」と言うのとは真逆の状況に変えられます。


「嬉しい」「悲しい」など気持ちを伝える言葉

あなたが思ったことや感じたことを相手に伝えることは、「罪」でも「悪」でもありません。

なぜなら、毒親育ちもひとりの人間で、感情を持っているからです。

毒親育ちは、毒親に「我慢が美徳」「感情を出すのはみっともない」といった価値観を植え付けられています。そのため、自身の話をするのは「恥ずかしい」「怖い」とか「相手に失礼」と感じやすいもの。

けれども、感情を伝えるのは、あなたが相手に心を開いている(開こうとしている)サイン。あなたはその感情に素直になってもいいのです。

あなたの気持ちをどのように理解して受け止めるかは相手次第なので、あなたにできることは相手の感情を理解して受け止めるだけです。言葉だけではなく感情のキャッチボールもすることで、相手を深く知れます。

もちろん、はじめのうちは毒親のトラウマから怖いと感じる場合もありますが、相手が毒親や毒のある人でなければ、あなたの話に耳を傾けてくれます。


「私は~だと思う」と発言の主語を自分にする

コミュニケーションを取るときに大切なことは、相手と会話のキャッチボールが成り立つことです。

なぜなら、いったん相手に対してネガティブな気持ちを持つと、相手の発言を受け入れにくくなったり悪い方向に理解したりするからです。

毒親育ちの発言には、「(相手が)〇〇をしてくれない(やってくれない」のように、主語が抜けているものが多いです。相手からしてみれば、あなたの発言は相手に要求・命令しているものと受け止められます。

毒親育ちでも「じゃない人」でも、もっとも不快な気持ちになるのは自身の言動をされたりコントロールされることです。そして、コントロールされていると認識するほど、相手に反論したくもなります。

一方で発言の主語を自分にすると、自分の感情を伝えているにすぎません。相手にしてみれば選択肢が残されているので、自発的に行動しようと思えるのです。


まとめ:口癖を変える習慣を作ろう!

おかたづけ便|佐藤みなと

上記で紹介した「毒親育ちがやめた口癖と増やした口癖」から、毒親育ちのあなたが見直したほうがいい口癖がわかるし、今後の対策も考えやすくなります。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。


毒親育ちがやめた口癖
・「~すべき」「~しなければならない」
・「絶対に」「確実に」
・「当たり前」「普通」「常識」「世間的に」「一般的に」
・「みんなが言っているから」
・「できない」「無理」「ダメ」
・「でも」「だって」「だから」

毒親育ちが増やした口癖
・「ありがとう」
・「嬉しい」「悲しい」など気持ちを伝える言葉
・「私は~だと思う」と発言の主語を自分にする


自分の言動を客観的に振り返るのは簡単ではありませんが、何度も何度もこの記事を読み直して自分のものにしてください。あなたは毒親と同じではありません。毒親を反面教師にしましょう。

上記の内容を学んだあとは、「やめることリストの作成」が必要です。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。


>>やめることリストとは?作り方とメリット・デメリットを解説



あなたの人生はあなたのものです。毒親育ちだと気づけたからこそ、今の状況を変えられます。あなたのペースで、少しずつ始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました